駐日スロヴェニア共和国大使館 /ニュース /
27.07.2021  

東京オリンピックの自転車ロードレースに出場した3人のスロヴェニア人サイクリストのレセプション

2021年7月25日、駐日スロヴェニア共和国大使館にて、クステック教育科学スポーツ大臣、NOC会長のガブロヴェツ、NOCのチーム長ツェラルの出席のもと、東京オリンピックの自転車ロードレースに出場した3人のスロヴェニア人サイクリスト、タデイ・ポガチャル、ヤン・ポランツ、ヤン・トラトニックを称えるレセプションを開催しました。

レースに参加したすべてのスロヴェニア人サイクリストの努力の結果である、タデイ・ポガチャルの銅メダル獲得を祝いました。ポラック・ペトリッチ大使は、スロヴェニアの公式機関で、スロヴェニア初のメダルを見ることができたのは大変光栄なことだと強調し、また海外で自国を代表することは、最も美しい職業の一つであると付け加えた。

クステッツ大臣は、選手たちの功績の重要性を強調しました。選手たちの成功を心から祝福し、彼らがスロヴェニア全体のために行っていることに深い誇りを感じていると述べました。NOCのガブロヴェツ会長は、サイクリストがスロヴェニア、スロヴェニア国民、そしてスロヴェニアのスポーツのために遂行したことは、かけがえのないものであり、筆舌に尽くしがたいものであるとおっしゃいました。

3人のスロヴェニア人選手は、今秋が特別な一週間であったことを強調しました。タデイ・ポガチャルが銅メダルを受け取った喜びと、スロヴェニア代表として東京オリンピックに出場したことへの誇りを表しました。また、大使館での温かい歓迎にも感謝の意を表しました。

また、このイベントでは、リュブリャナ近郊のBrezovica小学校の元生徒で、父親を亡くして孤児となり日本に移住したノムラ・ヒラクさんとの交流もありました。ノムラ・ヒラクさんはスロヴェニアで生まれ、母親は生後まもなく亡くなり、父親は12月に新型コロナウィルスで亡くなりました。NOC副会長のトマジュ・バラダには、サイン入りのスロヴェニアバスケットボールチームのジャージ、スロヴェニア・オリンピックチームの代表であるツェラルには奨学金と、ツェラルの姿を描いた銀の指輪が贈られました。

最後には、1964年の東京オリンピックで2つのメダル(金メダル1つ、銅メダル1つ)を獲得したスロヴェニアの伝説であるミロスラウ・ツェラルを歓迎することができました。ツェラルはすべての試合に出向き、指を組んで彼らの成功を祈っているとポラック・ペトリッチ大使が指摘しました。