Veleposlaništvo RS Tokio /

駐日スロヴェニア共和国大使館のウェブサイトへようこそ!

 

 

日本および韓国からスロヴェニア共和国入国に関する新しいルール

6月14日から、日本および韓国からスロヴェニア共和国への入国に際しては、スロヴェニア政府が「レッドリスト」または「ダークレッドリスト」としていない国に5日間以上連続して滞在したという証拠を提出することにより、制限なく認められています。
詳細はこちらをご覧ください。https://www.gov.si/.../coronavirus.../border-crossing/

05/20/21

第4回目の世界ミツバチの日のフォトコンテスト

スロヴェニア共和国大使館は

2021520

4回目の世界ミツバチの日に

フォトコンテストを開催します。

 

ミツバチをテーマにした写真を募集します。

 

応募作品は、お1人につき1点とします。

写真は、大使館のTwitter (@SLOinJP)Facebook (@Slovenian Embassy in Tokyo)Instagram (@sloinjp) の受信箱および大使館の公式メールsloembassy.tokyo@gov.siで受け取ります。

 

応募の際に、個人情報(氏名、住所、電子メールアドレス(連絡のため))を書いてください。

 

送っていただく写真は、大使館のInstagramのアカウントに投稿され、優勝者は「いいね」数に決められます。

 

応募締切は7月1日です。

04/23/21

スロヴェニアへの入国、PCR検査の最新情報

2021412日以後、日本、韓国からのスロヴェニアへの入国にはPCR検査が不要になっています。

一方、国内移動の制限のため、観光のためのご入国は不可能です。必須条件としてビジネス、競技大会での参加のためのご入国は可能です。

スロヴェニアへのご入国前、以下のウェブサイトをご記入し、保存した書類の入国の際のご提示をお勧めします。

https://www.policija.si/enterslovenia/en

04/09/21

ユーロビズ・ジャパンにおけるポラック・ペトリッチ大使とのインタビュー

3月刊のユーロビズ・ジャパンには、ポラック・ペトリッチ大使とのインタビューが掲載されています。大使は、社会の復活と明るい未来を創る課題における、欧州連合の議長国となるスロヴェニアの役割を強調しました。インタビューには、こちらからアクセスできます。

「スロヴェニアは、安全で確実なオリンピック・パラリンピックを開催するという日本政府の意向を支持しています。スポーツという分野におけるスロヴェニアと日本の活発な協力はスポーツ選手、チームと連盟の間に行われています。」

03/26/21

スロヴェニアへの入国の新規則

326日~42日の間、スロヴェニアへの入国はPCR検査の陰性証明書の提出のみで可能になります。10日間の隔離期間も証明書の提出により短縮されます。

詳しい情報はwww.gov.si/en/topics/coronavirus-disease-covid-19/でお読みください。

アグリテック~スロヴェニアと日本の農業分野の可能性を探る

325()16時より、スピリット・スロヴェニアと農林水産省とともにオンラインセミナー「アグリテック~スロヴェニアと日本の農業分野の可能性を探る」を開催いたします。

スロヴェニア・日本両国からアグリテックビジネスに取り組む6社を紹介し、スロヴェニアの農業技術分野での投資環境などの紹介をする予定です。

皆様の参加をお待ちしています!

詳細・登録は以下のリンクからお願い致します。

https://spirit-agritech-slovenia-japan.meetpt.com/ja (日本語)

 

ビジネスとしてのスロヴェニアの魅力をご紹介するパンフレット

 パンフレットはこちらでご覧になれます。

02/08/21

スロヴェニアの文化の日のイベント

駐日スロヴェニア共和国大使館は28日に、スロヴェニア語センターとスロヴェニア日本友の会とともにスロヴェニア文化の日のイベントを主催した。

イベントのプログラムは、ポラック・ペトリッチ大使によるご挨拶で始まった。ご挨拶において、大使はスロヴェニアの独立と合一性をお祝いする一日である文化の日の重要性を強調し、人口がわずか200万人の国でありながら、歴史を通してスロヴェニア語という特別な言語と、スロヴェニアの文化を保つことに成功し、最終的に独立した国を設立することに成功したことをお祝いする一日でもあるおっしゃった。このように、スロヴェニアの文化と言語を海外においても大切にしている日本在住の皆様に感謝する一日であると大使は強調した。

その次、スロヴェニア日本友の会のイエリサヴァ・セスナ会長によるスピーチにおいて、ヴラジミール・コス神父と福間健二氏の詩の重要性が指摘され、二人がスロヴェニアと日本の文化的な関りに大きく貢献していることが強調された。セスナ会長のスピーチが終わってから、コス神父と福間氏の詩の朗読が行われた。

プログラムの特別な位置を占めていたのは、東京外国語大学のスロヴェニア語講座の学生によるプレシェーレンの発表であった。プレシェーレンの詩の重要性の他、作品「乾杯」のスロヴェニア語と日本語の朗読が行われた。その後、スロヴェニア語講師ヴェスナ・ブコヴェツ先生によるプレシェーレンについてのクイズが始まり、その優勝者はイヴァン・ツァンカルによる作品集の日本語訳を受賞した。

イベントを終了する前に、スロヴェニアの外務省による文化の日をお祝いする動画が流された。 (https://www.facebook.com/mfaSlovenia/posts/3936796116372623).

 

01/28/21

独立30周年記念を機会にして設立されたスロヴェニア共和国のウェブサイト

2021年6月25日には、スロヴェニア共和国が独立してから30年が経ちます。

30周年記念を機会にし、共和国の30年間の歴史をスロヴェニア語と英語で紹介するウェブサイトが設立されました。

新しい情報や記事は日ごとに掲載されますので、是非ご覧ください。 

https://www.gov.si/en/registries/projects/30-years-of-slovenias-independence/

 

01/28/21

ポラック・ペトリッチ大使はEU・ジャパンフェスト日本委員会の古木修治事務局長とお会いしました。

ポラック・ペトリッチ大使は、ノヴァ・ゴリツァが 2025 年の欧州文化首都開催都市に選ばれたことを踏まえ、EU・ジャパンフェスト日本委員会の古木修治事務局長とお会いしました。ポラック・ペトリッチ大使はノヴァ・ゴリツァの歴史を紹介し、古木氏は EU・ジャパンフェストと欧州文化首都との過去の協力についての体験を共有してくださいました。

 

2021年1月16日現在、韓国はレッドリストから削除されました。

2021年1月16日現在、韓国はレッドリストから削除されました。これは、スロベニアに入国する際に追加の入国措置が適用されないことを意味します (PCRテストの陰性証明書を提供する義務はなく、隔離義務もありません)。同じ体制が日本にも当てはまります。しかしながら、依然として不要不急の目的でのスロヴェニアへの渡航は避けてください。

 

 

山内正則博士の国家公労勲章の授与式

122日、スロヴェニア共和国は、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構KEKの機構長山内正則博士に国際外交関係におけるスロヴェニア共和国の科学を広め、優れた功績のため勲章を授与いたしました。授与式は駐日スロヴェニア共和国大使館において行われ、山内博士は勲章を博士ポラック・ペトリッチ大使により授与いただきました。

山内博士のご尽力により、スロヴェニアの高エネルギー物理学の研究者は他国の資金力・技術力・人材に恵まれた環境にある研究者と肩を並べて仕事をすることができるようになりました。

スロヴェニアの研究者がつくばにある世界的な施設である高エネルギー加速器研究機構にアクセスできることにより、彼らの専門知識とスロヴェニアの卓越性が世界的に認知されています。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、授与式は縮小した形で行いましたが、リュブリャナ大学の学長パピッチ博士とスロヴェニア外務省、アジア・オセアニア局の課長代理、プレモジェ大使のお祝いのスピーチをいただきました。授与式には、山内博士とご協力なさっているスロヴェニアのヨージェフ・ステファン研究所の研究者、クリジャン博士とゴロブ博士も出席いただきました。

また、山内博士の功績は日本の文部科学省にも認められ、お祝いの言葉は塩原学術機関課長にいただきました。外務省の宇山欧州局長のお祝いの手紙も授与式で読み上げられました。

スロヴェニアへの入国に関する新情報

スロヴェニア共和国政府は、隔離の規則が2020年9月28日をもって変更されることを発表しました。また、黄色のリストは、オレンジ色のリストに替わりました。強制隔離は、赤とオレンジ色のリストにあるすべての国からスロヴェニアへの入国に引き続き有効です。ただし、強制隔離は新型コロナウィルス感染症の陰性検査を提出することで回避可能です。テストを受けてから48時間以上経過してはならず、EU加盟国、シェンゲン圏、またはスロヴェニアの信頼できる組織の一つが実施する必要があります。

グリーンリストの国から入国する方の規則も変更されました。スロヴェニアに入る前に国境を越える際、グリーンリストの国に少なくとも14日間継続して居住していることを証明するものを提出する必要があります。 

スロヴェニア共和国政府は、新型コロナウィルスの陰性検査結果を提出せずに、隔離が命じられない12の例外を定義しております。例外は、国境を越える移民労働者、国際輸送を行っている人、スロヴェニアに商品または人を輸送する人、スロヴェニアを通過する人、外交官、公式の外国代表団のメンバー等です。

詳細については、こちらのリンクをご覧ください:https://www.gov.si/en/news/2020-09-26-from-28-september-those-who-present-a-negative-test-upon-entry-into-slovenia-will-not-need-to-quarantine/

Access2Markets (copy 1)

スピリット・スロヴェニアによるウェビナー開催のご案内

テーマ:「新型コロナウィル後のスロベニア経済の現状と今後の方向性」
日時:2020年7月7日(火)午後4時~5時30分
申込方法:2020年7月3日までに以下のリンクで登録を行ってください。

www.kwbs-jp.com/event
協力: 株式会社三井住友銀行

講演内容: (司会: スピリット・スロベニア)
16:00-16:05 歓迎挨拶 by スピリット・スロベニア代表者
16:05-17:10  新型コロナウィル後のスロベニア経済の現状と今後の方向性 

Dr. Zoran Stamatovski MBA, PhD, Secretary, Foreign Direct Investment Department, Spirit Slovenia
主なトピック:
- 新型コロナウィルス、主要産業の動向、経済支援と回復のための国の政策措置の概要を考慮した予測を伴うスロベニア経済の現状
- 日本企業の投資事例を含むスロベニアでの投資・ビジネス環境

Mr. Rok Vodopivec, Senior Adviser, Foreign Direct Investment Department
主なトピック:
- ソサイエティ5.0に関する日本およびスロベニア企業とのスロベニアでのパートナーシップ
- モビリティ、スマートグリッド、フィンテックなどの分野での事業機会
- 隠されたチャンピオンとしてのスロベニア
- 研究開発(エネルギー貯蔵、AI、ロボット工学)に向けたスロベニアのハイテク研究機関
17:10-17:25 質疑応答
17:25-17:30 弊会の挨拶
※ 講演者のプレゼンは、事前にダウンロードできるよう7月3日までにイベント事務局のホームページにアップ致しますのでご参照ください。
※ プログラム内容は予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承願います。
使用言語: 英語(逐次通訳あり)
参加費: 無料

05/20/20

国際的クリエイティブ・コンペティションミツバチ

スロヴェニア共和国大使館

 

520日、世界ミツバチの日に国際的クリエイティブ・コンペティションを開催

ミツバチ

  (見る・伝える・映える・誓う)

 

コンペティション・テーマ:

「ミツバチ」

私たちは見る - ミツバチを

私たちは伝える - ミツバチの物語を

美しく映える - ミツバチを

私たちはずっと守っていくことを誓います

 

ミツバチをテーマに、絵、写真、またはさまざまな素材(紙、段ボール、木、発泡スチロールなど)で製作された作品を募集します。 この賞は、素材の異なる2作品に授与されます。

 

応募資格:

すべての国籍、性別、および信念の若者を中心に公募します。 参加費は無料です。

 

応募作品は、お1人につき1点とします。

 

審査結果に関する質問、異議申し立ては一切受け付けません。

応募の際に、個人情報(氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス(連絡のため))を必ず添付してください。受賞作品は、大使館に展示されます。応募された作品はお返しいたしません。

 

応募締切は10月1日(到着)です。作品を郵便で大使館までお送りください。

 

12.10.2016  

サイエンスアゴラ2016とEU

2016年11月3日(祝・木)~6日(日) 東京・お台場


20.11.2015  

スロヴェニアの伝統的な朝食

2015年11月20日:ホームメイドのパン、バター、はちみつ、リンゴと牛乳。スロヴェニア大使館では本日、ソモスインターナショナルの2歳から6歳の子供たちに「スロヴェニアの伝統的な朝食」をお届けしました...


24.08.2015  

武生国際音楽祭2015

世界中から一流の演奏家や勢いある若手演奏家たちが集い、現代音楽、クラシック、伝統音楽など幅広いプログラムの公演が開催される武生国際音楽祭(越前市)。9月6日から9月13日までの8日間、「東欧の音楽」を...


18.06.2015  

城西 日本・スロヴェニアシンポジウム~女性作家と女性映画監督-その歴史的意義

6月22日(月)、学校法人城西大学主催のもと下記シンポジウムが開催されます。シンポジウムのテーマは、「女性作家と女性映画監督-その歴史的意義」。人権のために闘ったスロヴェニアの女性アンゲラ・ヴォデにつ...


17.06.2015  

【シネマ・ポスト・ユーゴ2015 -スロヴェニア映画上映会のご案内】

シネマ・ポスト・ユーゴ2015、本年はスロヴェニア映画「クラスの敵」(スロヴェニア語音声、英語字幕)を上映いたします。また上映後は会場からスカイプを通じてロク...


Facebook

駐日スロヴェニア共和国大使館のフェイスブックページはこちら

Twitter

最新情報は、大使館のツイッター(@SLOinJP)をフォローしてください

駐日スロヴェニア共和国大使館

〒107-0062

東京都港区

南青山7-14-12

TEL.03-5468-6275

FAX.03-5468-1182

E-mail: vto(at)gov.si

            sloembassy.tokyo(at)gov.si

領事関係のメールアドレス: consular.tokyo(at)gov.si

開館時間外にスロヴェニア国籍の方が緊急時の場合、以下の緊急連絡番号を利用していただけます。注意:ビザ関連の質問には緊急連絡番号は利用できません

TEL.+81 90-1404-8999

 

Twitter MZZRS